不動産売買の仕組み

女の人

売主と買主がいて成り立つ

自分にとって最適な不動産があり、それを買えるだけの予算があれば、売買契約ができます。しかし、不動産を売る場合は違います。不動産売却は売る人(売主)と買う人(買主)がいて、初めて成り立ちます。つまり、不動産売却をしたいと思っても、それを買いたい人がいなければ売買契約は成り立たないのです。不動産を売りたい人は、不動産を買ってくれる人を探す必要があります。ただ、個人で不動産を買う人を探すのは大変なので、仲介業者に仲介依頼をするのが一般的です。熊本市にある不動産なら、熊本市で不動産売却をしている業者と媒体契約をし、仲介業務をお願いするのがお勧めです。不動産売却が上手くいき、売主の意思通りに売買契約を結べるかどうかは、仲介業者の腕にかかっています。そのため、熊本市で不動産売却の実績がある、腕利きの業者に仲介依頼をすることが大切です。売買契約は売主と買主の同意のもとで成立します。熊本市の不動産の売買契約のサポートも、仲介業者の仲介業務の一環であり、総仕上げです。売買契約で必要な重要事項説明も業者がしてくれます。重要事項説明書は契約内容の詳細な取り決めを記載した書面です。契約後のトラブルを避けるために、書面を隅々まで読み通し、分からない箇所は質問して疑問を解決しておくことが大切です。そして無事に売買契約が成立した暁には、売主と買主は仲介業者に仲介手数料を支払います。仲介手数料は売買契約が成立した不動産価格の3%程度です。